会社設立後、顧問税理士は必要でしょうか?

会社の経営が本当に大変なのは、会社設立時よりも、むしろ設立後です。
初めて会社設立する方の場合、いろいろ相談ができる顧問税理士をおすすめします。
ただし、会社の売上がすぐに見込めない場合などは、帳簿の記帳依頼だけでも良いと思います。

会社設立後も、毎月の会計帳簿作成や給与計算、年度末の決算など、運営のために必要な会計業務はたくさんあります。
こういった業務には、経理や税務の知識が必要ですが、初めて会社設立した方は、未経験の方がほとんどです。きちんとできるのか不安でしょうし、中途半端な理解のまま帳簿を作成した結果、苦労して作成したのに、内容が不十分で追徴課税等の余計な税金をとられてしまう、などという可能性もあります。
弊社では、こうした会社設立後の不安を解消するために、税務顧問や記帳代行プランをご用意しております。
税務顧問では、担当の税理士が節税や会計等についてアドバイスいたします。
税務について分からないことがあれば、担当の税理士に直接お聞きいただけます。
記帳代行プランでは、帳簿等の経理業事務をすべて弊社が代行させていただきます。
毎月、必要書類をFAXまたは専用封筒で弊社にお送りいただくだけで記帳代行いたしますので、プロに任せて安心なのはもちろん、時間と労力の節約になります。
本当に大変なのは、会社設立時よりも、むしろ設立後です。
スムーズな会社運営のため、顧問税理士をおすすめします。

無料相談会実施中

※初回1時間無料(事前予約制)

今月の無料相談会の日程はこちら

(夜間相談会も毎週2回開催中)

0800-888-1600(電話での予約受付時間平日9時~18時/土曜9時~17時)

052-973-3903(電話での予約受付時間平日9時~18時/土曜9時~17時)

メールでご予約

無料相談の詳細と流れを確認

一般社団法人 あいち遺産相続支援センター