資本金はどれぐらい必要ですか?

資本金は、1円以上あれば会社設立が可能です。
実際には、資本金50万円~300万円での法人設立が多いようです。
銀行等から資金融資が必要な方は、資本金はできるだけ多い方が有利です

以前は、設立後5年以内に資本金を1000万円以上にしなければなりませんでしたが、現在ではこの規制はなくなりました。
ただし、資本金を1円で設立した場合、すぐに資金がなくなりますので、誰か(多くは社長自身)からお金を借りないと、会社の運営ができません。それならば、その借りるお金も最初から資本金としておいたほうが良いと思います。
つまり、資本金は「会社を運営するために最低必要な金額」が必要といえます。
最近では、50万円~300万円くらいにされる方が多いです。
日本政策金融公庫から融資を受ける場合、新創業融資制度(無担保・無保証人)では融資限度額が、
・自己資金(資本金)の2倍
・1000万円以内
のいずれか少ない額となりますので、できるだけ自己資金(資本金)が大きい方が有利になります。

無料相談会実施中

※初回1時間無料(事前予約制)

今月の無料相談会の日程はこちら

(夜間相談会も毎週2回開催中)

0800-888-1600(電話での予約受付時間平日9時~18時/土曜9時~17時)

052-973-3903(電話での予約受付時間平日9時~18時/土曜9時~17時)

メールでご予約

無料相談の詳細と流れを確認

一般社団法人 あいち遺産相続支援センター