事業目的は、どのように決めればいいですか?

法人は、定款に記載のない事業を原則として行うことは出来ません。
許認可事業の申請をする場合は、定款の目的に記載することが必要です。

事業目的は、非常に重要です。定款には、法律に違反していない事業であることはもちろん、どんな事業を営むのか、利益を上げることが出来る事業であることなどを、明確に記載する必要があります。
また、将来行う可能性のある事業があるならば、あらかじめ記載しておけば定款の変更の手続きの手間とコストを省くことが出来ます。
ただし、記載事項があまりに多いと「この会社は一体何を行っている会社なのだろう?」と不審に思われてしまい、信用を失ってしまう可能性もあるので注意が必要です。
また、許認可が必要な場合は、事業目的の記載があいまいだと許認可を取得出来ない場合もあるので、事前に申請する役所に確認しましょう。

無料相談会実施中

※初回1時間無料(事前予約制)

今月の無料相談会の日程はこちら

(夜間相談会も毎週2回開催中)

0800-888-1600(電話での予約受付時間平日9時~18時/土曜9時~17時)

052-973-3903(電話での予約受付時間平日9時~18時/土曜9時~17時)

メールでご予約

無料相談の詳細と流れを確認

一般社団法人 あいち遺産相続支援センター