一般社団法人あいち遺産相続支援センター

川崎税理士事務所のグループ会社には、相続手続きサポート専門の一般社団法人あいち遺産相続支援センターがあります。
あいち遺産相続支援センターは、遺産相続にまつわる名義変更などの手続きをワンストップで行っています。
 

「相続」は、誰もがいつかは、必ずぶつかる問題です。
 

けれども、 前もって知識をお持ちの方は、 多くはありません。
「何をしたらよいのだろう・・・?」 と途方に暮れる方も少なくないのです。大切な人を亡くした悲しみの中、 慌ただしく葬儀やご供養をされ、心身ともに疲れているにもかかわらず、 相続に必要な手続きは 80 種類以上もあります。
しかも、 相続には期限があります。
また、 手続きには専門的な知識が必要なものも多いので、 知らないばかりに何度も書類を取り直すなど、 時間も費用も何倍もかかって、疲れ果ててしまう場合も多いのです。
 

税理士業務でいうと、「相続税申告」が該当します。
行政書士業務でいうと、「遺産分割協議書作成」「遺言書作成」「遺言書執行」などが該当します。
不動産登記などは提携している司法書士が行います。
 

高齢化社会を迎えた日本は今後本格的に相続業務が拡大していきます。
「ボリュームゾーンである団塊世代が2025年までに受け取る資産は約20兆円、さらに団塊世代から10年間に生まれた世代が2025年までに受け取る資産は約140兆円にものぼる(住友信託銀行レポート)」という試算があります。
団塊世代は兄弟の数が多く、遺産分割協議の話し合いが上手くできずに「争族」になっているケースもあり遺言書作成や相続手続き業務へのニーズも年々高まっています。
 

また、平成27年より相続税の増税も決まっています。
この増税により、現在全国平均で4%程度である相続税を負担する人の割合が6%程度まで拡大する見込みです。
東京都・大阪府・愛知県など都市部では、10%以上に上昇するという試算もあります。
 

  • 面倒で大変は作業はすべて代行します
  • すべて1つの窓口でサポートだから安心
  • 急ぎの手続きにも迅速に対応します。


などお客様のニーズにお応えできる業務をしています。
遺産相続についてもお客様が増えていますので、やりがいのある業務です。